PROJECT OVERVIEW

ABOUT

2014年、プロジェクト発足。次世代を作るロボット技術の研究を行っています。

STATUS

現在、全長3.5mとなる 「J-deite RIDE」の2017年完成を目指して、 研究を進めています。

GOAL

全高5メートルとなる「J-deite Oringinal」建造を、2020年代中に完成させます。

Project-overview
TRANSFORM

ロボットモードからビークルモード、ビークルモードからロボットモードへの変形。

CONTROL & OPERATE

操縦可能。また、全高3.5メートル以降のシリーズでは、搭乗中の操縦も可能。

DRIVE A J-deite

ビークルモードではホイール走行、ロボットモードでは2足歩行及びホイール走行が可能。

ProgressReport
PROGRESS REPORT

Project J-deiteが開発したJ-deite Quarter、J-deite RIDE、Bamblebee Quarter、Bamblebee 20などの研究結果報告及び、進捗報告。

DEVELOPER TEAM

devTeam2

ORIGINATOR

石田賢司/KENJI ISHIDA

四次元動体造型師の石田賢司にとって、ただの人型ロボットがロボットではない。
変形し、合体してこそ、ロボット。彼にとっては、それがロボットの定義である。

READ MORE

MEDIA

articleTitlePm
BRLogo
asratecLogo
TakaraTomyLogo